大航海時代Online ヴァイの日記、


エウロス鯖でプレイ中。ヴァイ(ポル籍)ファビラス(イング籍)の日記。おまけでドンヴァン(イング籍)の日記も。
by Tetrajun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳


このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved



最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


インド入港許可。


ペルシア湾までの探索を終えたファビラス。
定期船でインドから戻って、ロンドンで港発見の報告をすると・・・。

e0104395_2334933.jpg



門番の兵士から、インド入港許可を頂いた!

ドンヴァン曰く、死ぬほど苦痛なイベントだ、というイングランドプレイヤー専用シナリオを進めないで新しい海域の入港許可を得るには、倍以上の名声がいるんだけど、ようやくインドまで行くことが出来るようになった。

・・・しかし、門番って航海士に許可与えてるけど随分とえらいんだな。


e0104395_2372239.jpg



すぐさま定期船でインドへトンボ帰り。
次はカリブ、新大陸勅命がまっているけど、まだ先の話になりそうだな。
[PR]

by Tetrajun | 2007-07-03 23:01

プレステジョアン


ファビラスが世界周遊の旅をしているので、リスボンに引きこもっているヴァイ。

しかし、安寧な日々を送ることは出来なかった。

e0104395_14542490.jpg



港で無理難題を押し付けられた造船技師との出会いが、ヴァイの冒険の始まりだった。

「プレステジョアンの国を探すから、それに耐えられる船つくってくれ」

と無茶苦茶な依頼を受けてしまっているそうだ。
断ればいいと思ったが・・漢がすたる、から断れないそうで。

・・・ぷれすてじょあん?

ヴァイの数々の冒険譚のなかでたーしかそんな国をさがせって依頼を受けた記憶が・・。

ヴェネチアで依頼をうけ、ナポリをへてマッサワまで旅をした、とんでもない依頼だったな・・。
エチオピアの石柱をみっけてきた記憶が。

2度とやりたくないと思ったな。


技師いわく、なんとか船は作るそうだが、やっぱり依頼主に文句がいいたいらしく自分では言えないから代わりに言って欲しいと頼まれてしまった。


その依頼主は金持ちの邸宅にいるらしい。


ディアス提督の家に彼はいた。

e0104395_1459239.jpg



自称冒険者のジョアンさんだ。

さっそく造船技師に代わって文句をいおうとしたら、聞いてもいないのに一人でプレステジョアンの国の話をし始めた。

「それはエチオピアにある石柱・・」

というヴァイを無視し、プレステジョアンの国について熱く語るジョアンさん。
ジョアンという名前が同じな事に運命を感じ、絶対に探し出したいと思っているそうだ。

語り終わると、いきなり海事ギルドで話を聞いてきて欲しいと頼まれてしまった。

「だからエチオピアの石・・」
「じゃあ、たのむよ!」

「マッサワからいけばみるかる・・・」
「海事ギルドにいってきてくれたかい?」

話にならないので、海事ギルドに向かったヴァイ。
そこにいた士官が、マルセイユで「たった一つの希望・・」がどうとか言っている老人がいたという話をしてくれた。

その話をジョアンさんに伝えると・・。

e0104395_1595970.jpg



・・・・・・・・ちょっとまて。
ジョアンさんはこないのか、といくと顔を背けて
「僕はここで探し物があるから・・」

とか抜かした。

おめー冒険者じゃないだろ。
冒険者は世界中を渡り歩き、自らの手で情報をあつめ偉業をなすものだ。

よく考えたら報酬ないし。
マルセイユまで移動するのだって金はかかるものなのだよ。



さようならジョアンさん。








で、この怪しい冒険者とは縁を切ったヴァイだったが、別件でマルセイユまで移動したとき、ふと士官の話を思い出して酒場へと足を運んで見た。

たわごとをいっていた老人がいるかも知れない、と思って。


見慣れない女性が酒場にいたので早速話しかけるヴァイ。
じーさんより若い女性だよね。

e0104395_15192589.jpg




なんか蜂蜜酒が飲みたいとか我侭いう老人がいるそうだ。
飲みたければ、それを出す店にいけばいいだろうに。

女性に代わってヴァイが説教しようと話しかけると。

「プレステジョアン・・?さーて聞いたことあるような、ないような」

いきなりそんな事を言い始めた老人。

いや、そんな事聞いてないし。
蜂蜜酒はこのみせにないのよーおじーちゃん。っていってやったつもりなんだが。

「おお、蜂蜜の巣をもってきてくれれば何か思い出すかもしれんぞ!」

だから。
蜂蜜酒はこの店にはないんだって。おじーちゃん。

e0104395_15153338.jpg




また人の話なんかきーちゃいねえ。
なにをいっても「おーほほほ」って笑うだけなので、諦めて酒場を後にした。
[PR]

by Tetrajun | 2007-07-01 15:20