大航海時代Online ヴァイの日記、


エウロス鯖でプレイ中。ヴァイ(ポル籍)ファビラス(イング籍)の日記。おまけでドンヴァン(イング籍)の日記も。
by Tetrajun
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳


このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved



最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


中東歴訪


ザンジバルまで移動したファビラス。
このあとは、紅海、ペルシアをへて(入港許可はまだ無いけど)インドまでの旅をすれば、予定ではインド入港許可がもらえるくらいの名声が貯まるはずだ。

e0104395_1530634.jpg



ザンジバルを北上、近隣の港を発見しながら、一路紅海へ。

e0104395_15311582.jpg



中東冒険の要衝、アデンを発見。

e0104395_15322676.jpg



非戦のファビラスは、じゃまなNPCに絡まれないので、気楽に入港できる。

ヴァイだと何度も喧嘩売られてうんざりしてしまうんだよね。


さらに紅海を奥地まで進んでいくと・・・。

e0104395_15333486.jpg



スエズに到着!

e0104395_15344371.jpg




多くの冒険者発見だけする為に、1回は訪れ2度とこないまさに「辺境」の港だ。
スエズ発見のあとは、逆戻りでアデンまで帰り、そのあとバスラ・ホルムズなどを発見してカリカット港に入った。

上陸は出来ないけど、カリカット発の定期船にはのれる。

e0104395_15361769.jpg



これで本国へ帰れば、はれてインド入港許可が下りるはずだ。
[PR]

by Tetrajun | 2007-06-26 15:23

東あふりかー


ファビラスの旅2日目。

うっとおしいNPCを無視しながら(快適~)

e0104395_21382113.jpg



ルアンダから喜望峰をへて、ポルトガルの聖域みたいになっているインド洋一帯に進んだ。

e0104395_21393865.jpg




ケープで受けたクエをこなしながら、タマタブに寄り道し、ザンジバルに到着。

e0104395_21395266.jpg



ツンデレ娘、ガーダに挨拶して今日の旅は終わり。

e0104395_2141348.jpg


[PR]

by Tetrajun | 2007-06-20 02:36

いっきに名声がふえて


ファビラスの宝石売りでのレベル&名声上げはひと段落。
紅海までの入港許可が得られたので、ひとまず中止。

ぜーんぜん港を見つけて報告していなかったので、これを期にロンドン~ペルシア(帰りは入港許可ないけどインドからの定期船で帰国予定)の長い旅をしていくことに。

道中クエ受けしながらの旅になりそう。

e0104395_21251672.jpg



戦闘レベル0なので、警戒のスキルを発動すればNPCはいないと同じ。
PKにのみ注意しながら、陸沿いに船を進ませる~。

NPCに襲われないって、精神的にラクだよ~。
ファビラスはきっとずっと戦闘を知らない子として育って生きそう。地理スキルは陸上探索ないから、かえって戦闘レベル0のほうがいいんだよね。

商用スクーナーはやはり快適。
さめに船員をパクパク食べられてしまうヴァイのスループよりいい。

途中、ギニア湾の島を発見しつつ、

e0104395_21295941.jpg



かつての思い出の地、ルアンダまで来て今日はおしまい。
[PR]

by Tetrajun | 2007-06-18 21:16

ドンファンの鋳造修行

冒険もいいんだが、なにかひとつ稼げるスキルが欲しいと考えた。
最初は宝石取引か・・と思った。
ただ、それだと西アフリカから北海へ物を運ぶだけのような気がした。

そこで考えた。

まず縫製。修行の港オスロはイングランド同盟港だ。
インドでのベルベット織りは相場さえよければ結構な稼ぎになる。
そこで稼いでいる連中は、年がら年中交易所に張り付いているという。

・・・・無理だ。

そもそも、金は必要なだけあればいい。

そこでイングランド国籍で優遇される環境にある鋳造を選んだ。
なにより、これから始める予定の戦闘レベル上げに貢献してくれる。
軍事職につくと大砲の自作は厳しくなるが、鉄板の作成や海事で必要な小物
の生産は問題なく出来る。
しかも、縫製と同じくイングランド国籍は鋳造修行の場も恵まれている。
以前ヴァイが鋳造を覚えようとして断念したのはポルトガル国籍で鍛える場所が
ないと嘆いていたな。

さて、鋳造を覚える為に必要なのはなんだろうか。
優秀な副官の育成だ。
取引スキルの補助や、生産時に消費する行動力の軽減など副官の役割は大きい。

・・・・・・・・。

と考えたのが、ヴァイと冒険で東地中海を放浪していた頃。

ようやく、まともな(外れの副官ばかり出会っていた・・)副官が育ってきた。

「鍛冶屋ピエトロ」と名づけた優秀に成る予定の副官だ。
鋳造補佐と、取引スキル補助を覚えたので、そろそろ鋳造修行を始める頃合だと
判断し、鉱石商へと転職した。




鋳造を始める前に、まず下準備がいる。
鋳造スキル上げに必要な交易品を購入できるカテゴリー2をかき集めた。
幸い、42、000D~50,000Dで購入できるので修行しながら十分元は取れるはずだ。

あとは取引補佐してくれるアイテム。

鉱石取引スキルを+2する銀の耳飾(300万D)
工業品取引に+1の効果があるアポロチョウのブローチ(バザーで60万D)
鉱石取引に+1効果のある、ひすいの仮面(ヴァイの貴重品から借用。滅多に見かけない)

鋳造スキルが+1となる船大工の金づち。

さらに、鋳造を鍛える時の正装として東南アジア直送のサルン。


e0104395_22162947.jpg




この格好をみて、逃げていく人もいるが失礼な奴らだ。
[PR]

by Tetrajun | 2007-06-11 22:15

船。


いんちきな宝石売りでレベルをあげたファビラス。
彼女の移動用の船を作ることを考えた。

戦闘レベル0っていうのは、実にネックになってしまっている。

ぶっちゃけ、乗れる船が凄く少ないのだ。

そんな中で選んだのが・・・・商用スクーナー。
さらに快速なスクーナーのほうがいいのだが、冒険レベルが全然足りない。
ファビラスのレベルで乗れる快速船は、輸送用スループか商用スクーナーしかなかった。

ちょっとは物を運べる船のほうがいいか。
スループはサメに船員食べられてしまうし。

っていうことで、スクーナーを作ることにした。


所が、スクーナーをつくるには、わざわざ南米のポルトガル開拓地までいかないと不可能だった。
しかもっ・・造船に必要な部品の売りが殆どない。

しかし、サムブーククラスという、某掲示板の非戦スレッドの書き込みを信じて、欧州を駆け巡って部品を集め、ポル開拓地まで一路向かう。


・・・・・・作れない。

なんでも、ある程度は港に投資しないと駄目らしい。

泣きながらナケナシの金を投資して、ようやくスクーナーを作れるようになった。



e0104395_13203026.jpg





・・・・・・・・・でもって出来たのが、これ。

やっぱそれなりに快適だ。+10%増量というものすごい微妙な商船だけどね。
[PR]

by Tetrajun | 2007-06-08 11:39

セカンドを育てよう 2


なぜかヴェネチアにいたファビラス(ヴァイのセカンドキャラ)
さっそく本国にもどり(ドンファン経由で)輸送用キャラックと財産はたいてリスボンの商館で購入した宝石を渡す。

新しい港の入港許可を得るには、名声が必要。
効率よく名声と交易経験値を稼ぐには、印度宝石のサファイヤ・ルビーを50個づつ売るのが一番だそうだ(東南アジア香辛料も可)

商人キャラだったので、宝石の高く売れる場所を探して放浪し、リューベックとかコペンハーゲンといったバルト海付近の港でうまく売りまくる。
さらに、極力安売りしている商会の宝石を購入して、相場が高いときに売ると、案外赤字なしでファビラスの交易レベルを上げることが出来た。

美味しい相場を狙ってしか売らなかったから、時間はかかってしまったが。


相場まちをしている間は、ファビラス育成のための資金稼ぎをヴァイで行った。
東地中海の報酬の美味しいクエストを連続でといたり、印度まで遠征して、現地の宝石商に支援をしてもらってサファイアを購入して帰国したり。

この時期は、ドンファンも鋳造修行と称して、北海に篭もっているのでずっとソロでファビラス育成資金をため続けた。



育成をしながら、この娘をどうしていくかも考えていた。

地理学を主として冒険する。
非戦(NPCに襲われない)をうまく使って近~中距離交易の商人になる。
とりあえず、どっかに亡命させる。

亡命先は・・フランスかな?
名前の由来はフランス産の牝馬のからとっているわけだしね。

亡命するには、結構な名声が必要となるから、まだまだ先の話になるけど。
[PR]

by Tetrajun | 2007-06-02 11:37