大航海時代Online ヴァイの日記、


エウロス鯖でプレイ中。ヴァイ(ポル籍)ファビラス(イング籍)の日記。おまけでドンヴァン(イング籍)の日記も。
by Tetrajun
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳


このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved



最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 79 )


アラン教官と勉強。

訓練校は、校内で学習することはなく、アラン教官と街に繰り出してマンツーマンの実地学習を行う熱い授業だった。

e0104395_159276.jpg



授業内容は大海原を旅立とうとしている航海者向けで、なんだかんだいって旅なれたヴァイにとっては知っている事柄ばかりだったが。

e0104395_204663.jpg



とはいえ、授業のオワリにヴァイに熱く語るアラン教官の指導だけあって、ヴァイは熱心かつ真剣にアラン教官の語る話に耳をかたむける。

e0104395_222279.jpg



授業が終わると教壇の教官から報酬が支払われた。
正直街を歩いて回っているだけで、経験と報酬が入る学校は随分と便利なものだと思ったけど。
昔はこんな便利なのなかったよなぁ・・・。



e0104395_2122738.jpg



アラン教官との授業は酒場でもあった。

e0104395_2133935.jpg



アラン教官が授業のために知人を呼んでいるとの事で、酒場の奥でまっていると・・。

e0104395_2135771.jpg



とあらわれたのはうら若き女性・・・・

e0104395_214317.jpg



っていうか若すぎ!

親しげに女性・・女の子・・・と話すアラン教官。
ヴァイは、授業の内容より自分の娘と街を歩いていると警官に職質される今のご時世に、教官がこの女の子と、どういった縁で知り合ったか知りたくて仕方なかった。

e0104395_2151745.jpg



用事があるといって帰ろうとした女の子に、去り際いかにも残念そうな表情で声を掛けるアラン教官。なんだか授業をだしにして女の子を呼び出したんじゃないかって疑惑がヴァイに芽生えてしまった。

e0104395_2202617.jpg



ヴァイの質問にも涼しげな表情を浮かべ無視するアラン教官。

アラン教官は質問には一切答えずに、

「さて、ヴァイくん。次は酒場での注文の仕方だが・・・」

と、講義を始めようとしてきた。

「先生、そんなの知っています。それよりも・・・!」

「じゃあさっそくマスターに話しかけ注文でもしてきたまえ!」

e0104395_221247.jpg



この授業は受けるべきではなかったとヴァイは思いつつ、何度もアラン教官に問いかけたが、結局は無視され、しぶしぶ酒場のマスターのところまで歩いていくのだった。
[PR]

by Tetrajun | 2008-06-06 01:57

造船のあげ方


たいした事はないです。

タイマーと他にプレイするゲームを準備すればオッケー。
(タイマーはPCのアプリケーションでも、キッチンタイマーでも可)

サムブーク作れるようになったら、マニラへGO!

必須は、現地の言葉でしょうか。
いちいち身体言語発動するのもめんどくさいので。

後は、タイマー使って12分に一度操作して延々造船上げしていくだけ。
マニラで手に入るロットは優秀なんで、空きがあればローズウッドサムブーク、なければサムブークを作ってロット貯めていけばいいんだけど、結構処分がめんどくさい。

とりあえず他の事やりながら造船上げしていくと、スキルの上がりの遅さも気にならないかな。

ヴァイは造船スキルとってから(殆ど他の職でプレイしていた+休止期間もあったんで)2年以上かかって15に。

9~15までは結構集中して上げたんで半年くらいで終わったかな。
ログイン時間はまちまちなんで全然参考にならないけど。
ウイニングイレブンのマスターリーグを延々やりながら造船上げしていたけど、いまならモンスターハンターかなぁ。

気長になっていれば、いつか終わるさ。造船修行。
今はロット集めの為の造船が主流っぽいけどね。
[PR]

by Tetrajun | 2008-06-01 00:20

学校。

e0104395_12253226.jpg



どうにもこうにも落とせないラクトゥに別れを告げ、傷心を抱いたままヴァイはリスボンに戻ってきた。

なんだか、相当久しぶりの帰国な気がする。
自宅に待機している副官や執事は誰が雇い主か忘れてしまっていそうなくらい、久しぶりのリスボンだった。

帰国してもさしてやる事のないヴァイは、今まで近寄った事もない区画に足を運んだ。

そこには、なんでも学校があるそうだ。



「そういえば、学校ってしっていやすか?」

帰国の途中で船員がだいぶ昔に開校された「航海者養成学校」の話をヴァイにしたのがキッカケだった。

e0104395_1231115.jpg



守衛に話しかけ、入港希望を伝えると、校内の受付に案内された。
そこには知的な感じのする美女がいて、さっそく口説きにかかりたかったが、

e0104395_12341279.jpg



ヴァイが話しかけようとしたら、事務的な口調で入校を進めてきただけだった。
もう一度話しかけたが、同じ事しかいってくれず、口説きを断念して入校を希望しますとだけ彼女に言った。

そうしたら学生用の制服を無料でくれた。
安物の船より航海者の服の方が高いのに、随分太っ腹な学校だと思った。
そもそも、入学金や授業料はどうするんだろ?
聞いてみると、逆に授業を受けるとお金が貰えるとの事。
なんだか、職業訓練校みたいな感じがしたが、国営施設なんで同じなんだろう。

早速校内をまわり、おっさん生徒は無視して、女子生徒に話しかける。

e0104395_12391964.jpg



まぁ、最初から船にのってくれるわけもないが。
第一、むさくるしい船員達と、へんな仮面をかぶった副官がいる船だし。


そんなに生徒もいないし、校内も狭いので、仕方なくヴァイは教壇の上で、暇そうに突っ立っている講師に話しかけた。
e0104395_12404614.jpg



なんでも船についての実地講習を行うそうだ。

外でなぜか待機している教官に教わるみたいなので、早速校舎から出る。

e0104395_12444144.jpg



外で待っていたのが、暫くヴァイを指導してくれるアラン教官だった。
[PR]

by Tetrajun | 2008-05-27 12:46

久々


e0104395_1052458.jpg



なんとなく初めて続けていた「造船修行」
終わった。

これで好きな船が作れる!

でも、終わってしまうと、次なにやっていいか分からない・・・。

もう1人造船キャラ作ろうかな。


ファビラスは、暇なときにインド近辺で地理やっています。

e0104395_1054089.jpg



ヴァイが造船スキルカンストしたので、本格的に再開させるつもり。



おまけ

e0104395_10551943.jpg



男の園
[PR]

by Tetrajun | 2008-05-24 10:55

更新していない間の出来事

e0104395_12173611.jpg



ファビラスは世界を駆け巡っていた。

e0104395_12181984.jpg



e0104395_121838100.jpg



南米大陸の果の島や、大陸西岸の大山脈を発見したり、

e0104395_12193852.jpg



大湾流を発見したり、

e0104395_12201229.jpg



冒険者たちの戦いの場である「アカデミー」にも初参加を果たした。

・・・・・・・結果は聞かないで。



一方、ジャカルタの引きこもりは・・・。


e0104395_12214095.jpg



ヴェネチアで開催された謝肉祭に参加して

e0104395_12222314.jpg



騎士オルシーニからゴミを貰った。

・・・・・・・・・・・本当にゴミだった・・・・。酒場娘にもあげられないし、捨てたよ。
[PR]

by Tetrajun | 2008-05-20 12:16

変態という名の紳士

e0104395_6102071.jpg



e0104395_6111723.jpg



船員A 「船長がたそがれているぜ・・・どうしたんだろう?」

e0104395_6133979.jpg



船員B 「ラクトゥ嬢が全然振り向いてくれないからすねているんじゃねえか?足しげくかよっているものの、話す話題もなく、安物を貢がれてばかりの嬢もいい加減飽き飽きしているんじゃねえかな?」

e0104395_6111723.jpg



船員A 「そうか?いつも思わせぶりな言葉をいってるとおもったけどな。あの嬢ちゃんは。」

e0104395_6133979.jpg



船員B 「なあに、この前も酒場で必死に口説いていたんだけどさ、いきなり現れたポルトガルの宝石商人があっさりとラクトゥ嬢を落としてしまって、そのまま2人で酒場から出て行ったのさ。あんときの船長の顔ったら・・見ていられなかったぜ・・ポルのくそ商人めとか涙目になりながら罵っていたけどさ、船長もポルトガルじゃねーかと」

e0104395_6111723.jpg



船員A 「冒険もせず、交易で稼ぐことも海賊退治をすることもねーからな、船長は。そんな船乗りに酒場女は魅力を感じねえんだろうよ」

e0104395_623075.jpg

船員長 「・・・・・船長もいい加減これに懲りて昔のように東地中海で発見の日々を送ってほしいぜ」

e0104395_6111723.jpg



船員A 「おお、船長の航海にずっと従ってるおやっさんじゃねえか。おやっさんからもいってくだせえよ。ジャカルタに篭ってずっと酒場ばかりじゃ、あっしらもいい加減腐っちまうって」

e0104395_623075.jpg

船員長 「おうよ、船長もいつか目覚めてくれると思って黙ってしたがっているが、いい加減にしないと俺ら腐ったまま、ジャカルタで野たれ死んでしまいそうだぜ。昔の船長は輝いていたな・・・・・。あの頃は何時死んでもおかしくないくらい危険な日々だったが、生きているって充実感があったぜ。あの時の船長に戻ってもらいたいぜ。生と死が隣り合わせの航海だったが、本当に船乗り冥利につきる日々だった。・・最近仲間になったお前らにも味あわせてやりたい本当の冒険だぜ・・」

e0104395_6111723.jpg



船員A 「俺らの大半は最近雇われたばかりの連中だ。船長との旅といったら女口説きで港を回る日々だ・・・冒険とかとは無縁の航海ばかりだ。一度でいいから命がけの冒険、その先にある莫大なお宝を見てみたいもんだぜ・・・」

e0104395_6133979.jpg



船員B 「・・・・船長に直談判しにいこうぜ!いい加減目を覚まして大海原に旅立ってくれってよ!俺達は美酒のためだけに船長に従っているわけじゃないんだ。刺激ある冒険ができると信じているから船長に従っているんだって言ってこようぜ!」



賛同する船員達。
皆で船長に詰め寄ろうと桟橋にたたずむヴァイに向かっていこうとした。


「まあ、まて。お前ら」


船員達の前に立ちふさがったのはヴァイの副官として船の纏め上げる立場にある男だった。

e0104395_6455520.jpg



「船長は今悩んでいるんだ。それは女の悩みじゃない。これからどうすべきか真剣になやんでいるんだ。今は邪魔をすべきではない」

e0104395_623075.jpg



船員長 「副長どの・・・どうしてそれが分かるんで?」

e0104395_6553839.jpg



「おれにはわかる。船長に雇われた時、一心同体を誓ったからな。今、船長は目的を失っているんだ。友人の英国軍人のドンヴァン卿はインドで充実した日々を送っている。同じく英国の冒険家であるファビラス嬢は地図職人として世界中を回り数々の発見をして名声を高めている」

e0104395_6133979.jpg



船員B 「しってますぜ。俺の妹がファビラス嬢の船に乗っていますからね。この前、ジャカルタに寄港した際、会いましたがとんでもねえ発見をいくつもしたそうで・・・。船長にも見習ってほしいと思いましたぜ・・・」

e0104395_6553839.jpg



「そういう話を聞かされて、船長も悩んでいるんだ。あの酒場の小娘に入り浸っているようで、船長の心はここにあらず、なんだ。だから、あの小娘をいつまでたっても落とせない。本気じゃないからな。やることが見つからなくて酒場にいって口説いているだけなんだよ」

e0104395_623075.jpg



船員長 「確かに・・・船長は以前は地中海の酒場女達をあっさり口説き落としていやした。それがこのジャカルタの娘だけは全然落とすことが出来ない・・・船長らしからぬことでさあね」

e0104395_6553839.jpg



「うむ。あんな小娘では船長と釣り合わん。それを船長も分かっているから本気ではないのだ。今は雌伏の時と俺は思っている。西回りの世界一周航路が発見されている今、いずれは船長は冒険の旅に戻るはずなのだ。俺達はそれまで黙って船長を信じ、ついていくのだ」

e0104395_623075.jpg



船員長 「なるほど・・!今あっしらが騒いで船長を悩ますのは良くないでさあね。船長は昔は決断したら突き進む方でした」

e0104395_6553839.jpg



「そうだ。その時までまつんだ。船員長は知ってるだろうが、船長は以前は莫大な富と名声を稼いだお方なのだ。船長の下で働き財を蓄え独立した船乗りになった奴も何人もいる。ただ、代償として多くの若い船乗りが亡くなったのだ。そんな危険な冒険の日々に備え、俺達も今は英気を養い船長が号令をしたら、すぐさま最高の仕事が出来るように備えなくてはならない」

e0104395_6111723.jpg



船員A 「おおお!」

副長の説得に船員達は歓喜をあげ、引き下がっていった。
有能かつ人望のある副長にヴァイは助けられている事が多い。

ただ、船員達は誰も仮面姿の副長の素顔と、名前を知らないでいるが・・・。
[PR]

by tetrajun | 2008-03-11 07:19

せいちょうなし。

e0104395_3234286.jpg



ヴァイの長い戦いは全然終わる気配がない・・・。
なけなしの財産を全て貢いでも、彼女は振り向いてくれない・・・。


e0104395_3432041.jpg




船員A 「船長はいつまでここにいるんだろうか・・いい加減本国に帰りたいぜ・・・」

以前、ヴァイが酒場娘に入れ込んだ挙句資金をなくし、最低限までの船員を残して現地解雇を強制しただけに、「あざらし号」の乗組員達は不安で仕方なかった。
せめて解雇されるにしても、ヨーロッパの港町にしてほしい、というのが本音だ。
ヴァイがときたま船員に振舞う、怪しげな香りのする美酒の魅力に、あざらし号の乗組員は逆らえず船長の道楽に心底呆れつつも大人しくしたがっているのだ。


e0104395_3244528.jpg



船員B 「船長には付き合いきれねえが、あの酒が飲めなくなるのは耐えられねえ。あの酒がのめるんだったら、なんだって耐えられるぜ」

他の船員たちも「そうだ、そうだ」「あの酒がのめるから耐えられるんだ」などと口々に叫びならが賛同する。




・・・・・・・・・・盟約の美酒のおかげでヴァイの船の乗組員達は絶対の忠誠を誓っているのだった。
[PR]

by tetrajun | 2008-03-10 05:17

そろそろ地理おわり?


e0104395_22382971.jpg



東南アジア近辺の地図およびクエストを(ファビラスの名声で出現するかぎり)クリアしたので、今度はインド洋方面のクエストを一通りこなした。

e0104395_22344057.jpg



そっち方面は地図がでないので移動発見→報告→移動クエスト受け→移動発見と時間ばかりかかってしまうのばかり。

それも終わらせて、アンデス山脈とかリスボンでクエスト受けナポリで情報集め、バスラで発見するトンでもないクエストまで終わらせたので、事実上地理はおしまいになりそう。

地理の残りのクエストは、ファビラスの名声を後4万とか貯めないと無理なので、かなり先(というかプレイしているか不明)な話になりそう。
新しい冒険スキルの習得を本気で考えないといけない。




その前に口説き覚えないとな。
[PR]

by tetrajun | 2008-03-03 22:53

ファビラスのたび。

インドのカリカット発、東南アジア一周の旅を始めた。

定番といわれている「地理クエストツアー」で、ソロでも出来るツアー。
カリブ、ジャカルタで受けられる地理学のクエストの大半を終えたファビラスは、インド→東南アジアのクエストをこなしていくことに決めた。
その際、カリカットの書庫で得られる東南アジアの地図はクエストをこなしながら発見していけるので、効率がいい方法なのだ。

カリカットでマレー半島を発見するクエを受け、出せるだけの地図を書庫から入手し出発。

e0104395_1142491.jpg




マレー半島を発見したあと、ジャカルタに入港。
ラクトゥに報告の依頼を頼むと、

e0104395_1175490.jpg



ジャカルタからはるか東方のニューギニア島にいくクエストを受ける。

e0104395_1183088.jpg



航路に地図で発見できる海域などがある都合のいいクエ。
報酬も悪く無いし。

e0104395_11291369.jpg




こんな感じで、アンボイナという開拓港(香辛料の産地でもある)で、さらに地図を入手してニューギニア島を一周。

e0104395_11313349.jpg



ルンという東の果の島で情報をあつめ

e0104395_11322952.jpg



目的の場所を目指しながら、ついでに地図発見もしていく。

e0104395_11333731.jpg



e0104395_11335184.jpg



クエストも目的場所、ソロモン海も発見。

e0104395_11342688.jpg



さらに帰りにも、地図発見をこなしながらジャカルタへ寄港する。途中の地図だしも含め、1時間もかからないで戻ってこれた。

e0104395_11351981.jpg



ジャカルタからは、疲れているから定期船でカリカットへ。その際インドの大商人クジャラートの依頼を(商人クエスト)受けていくと一枚10万Dでプレイヤーに売れるカテゴリ3が5枚貰え、小銭稼ぎも出来るのだ。
さらに彼は海域発見報告が出来るので、発見した地図の報告もすると再度発見しにいける。
(ジャカルタからインド方面への地理クエストが無いのが残念)

これは東南アジア一周ルートで、時間も結構かかる。
ジャカルタ近郊の地図だけにして戻るツアーもあって、そちらだと地図だしも含め60~70分前後で一周できるからお手軽。

基本はカリカットからの初めて依頼を受ける地理クエストでどこまでいくか(ジャカルタ近郊か、東の果か)で地図をまわしていくといいそうだ。同じクエストばかり受け、同じ地図を発見していくだけだと、あまり面白くないしね。
ただ、最初は一周しないと手間がかかる。
一周しておけば、再度発見したい地図だけクジャラートに報告することによって無駄な地図を入手しないで地図集めができるから。

暫くはインドを中心とした地理発見の旅をしていく。
地図を含めた東南アジア周りが終わったらインド洋やペルシア方面のまだ発見していない海域や島に挑んでいきたい。

口説きを習得できる職、翻訳家のクエストが受けれるようになるまで、地理発見で冒険名声をためていかないと・・(現在2万で、目標は3万5千)

e0104395_1144063.jpg



口説きスキルを習得してファビラスの口説きの旅を始めたいっていうのが今の目標。








当分ヴァイの出番はなさそうだな。
[PR]

by tetrajun | 2008-02-22 11:45

このゲームで海事(戦闘)レベル0ということ。


ファビラスは、縛りプレイをしている。

e0104395_20231.jpg



戦闘レベルを0のまま、絶対に上げないようにしているのだ。

戦闘レベル0のメリット

洋上のNPCに一切絡まれない。

デメリット

ゲームに登場する船の大半にのれない、習得できないスキルや職業が多数、名声が貯まらない、爵位tが上がらない・・・などなど。

唯一のメリットを生かすために、地理学を学んでいるのだ。
(念願の地図職人になって、操舵など本来戦闘レベルがないと習得できないスキルを学べたから、新しい学問に進もうかと思案中)

e0104395_221617.jpg



戦闘レベル0のキャラが乗れる最速の船は、以前も書いたけど「スクーナ」だ。

e0104395_233937.jpg


e0104395_25448.jpg



ファビラスも当然スクーナの乗って世界の大海原を駆けている。
非戦キャラじゃなくなった時(不幸な事故とかで戦闘レベルが上がった時など)は新しい船を買うだろうけど、今はずっと乗り続け、これからも乗り続けていくと思う。



戦闘レベルを一切あげないプレイをする際、冒険スキルはやはり「地理学」が基本となるだろう。地図職人を目指すのが非戦冒険者の最大の目的だろ思うし。

次は、ヴァイが習得している「口説き」スキルの習得を目指したい。
サハル♂とかを口説くのではなく、やはりヴァイで挫折しているラクトゥ♀とかを陥落させたい。
戦闘レベルの制限から、「翻訳家」という職につかないと習得できないみたいだけど。

冒険名声をあと20000はためないといけないから、先の話になりそうだけどね。
[PR]

by tetrajun | 2008-02-19 02:05