大航海時代Online ヴァイの日記、


エウロス鯖でプレイ中。ヴァイ(ポル籍)ファビラス(イング籍)の日記。おまけでドンヴァン(イング籍)の日記も。
by Tetrajun
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳


このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

(C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved



最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ドンファンの鋳造修行

冒険もいいんだが、なにかひとつ稼げるスキルが欲しいと考えた。
最初は宝石取引か・・と思った。
ただ、それだと西アフリカから北海へ物を運ぶだけのような気がした。

そこで考えた。

まず縫製。修行の港オスロはイングランド同盟港だ。
インドでのベルベット織りは相場さえよければ結構な稼ぎになる。
そこで稼いでいる連中は、年がら年中交易所に張り付いているという。

・・・・無理だ。

そもそも、金は必要なだけあればいい。

そこでイングランド国籍で優遇される環境にある鋳造を選んだ。
なにより、これから始める予定の戦闘レベル上げに貢献してくれる。
軍事職につくと大砲の自作は厳しくなるが、鉄板の作成や海事で必要な小物
の生産は問題なく出来る。
しかも、縫製と同じくイングランド国籍は鋳造修行の場も恵まれている。
以前ヴァイが鋳造を覚えようとして断念したのはポルトガル国籍で鍛える場所が
ないと嘆いていたな。

さて、鋳造を覚える為に必要なのはなんだろうか。
優秀な副官の育成だ。
取引スキルの補助や、生産時に消費する行動力の軽減など副官の役割は大きい。

・・・・・・・・。

と考えたのが、ヴァイと冒険で東地中海を放浪していた頃。

ようやく、まともな(外れの副官ばかり出会っていた・・)副官が育ってきた。

「鍛冶屋ピエトロ」と名づけた優秀に成る予定の副官だ。
鋳造補佐と、取引スキル補助を覚えたので、そろそろ鋳造修行を始める頃合だと
判断し、鉱石商へと転職した。




鋳造を始める前に、まず下準備がいる。
鋳造スキル上げに必要な交易品を購入できるカテゴリー2をかき集めた。
幸い、42、000D~50,000Dで購入できるので修行しながら十分元は取れるはずだ。

あとは取引補佐してくれるアイテム。

鉱石取引スキルを+2する銀の耳飾(300万D)
工業品取引に+1の効果があるアポロチョウのブローチ(バザーで60万D)
鉱石取引に+1効果のある、ひすいの仮面(ヴァイの貴重品から借用。滅多に見かけない)

鋳造スキルが+1となる船大工の金づち。

さらに、鋳造を鍛える時の正装として東南アジア直送のサルン。


e0104395_22162947.jpg




この格好をみて、逃げていく人もいるが失礼な奴らだ。
[PR]

by Tetrajun | 2007-06-11 22:15
<< いっきに名声がふえて 船。 >>